劇団「神保町界隈」

第6回公演「スター誕生 クリスマスイブの夜」あらすじ

2018年クリスマスイブの夜に、すでに今年8月東京ドームで解散コンサートを行った
スーパーアイドルグループ「エスター」のファン4名の個性的なメンバー達が、
「エスター聖地巡礼」としてエスター結成の地、神保町カラオケ・バー「ハンブルパイ」にやってきた。

お茶一杯飲んで帰るつもりの一行だったが、「ハンブルパイ」マスター遠山の配慮で、
「エスター解散」の真の理由を教えてもらう事になった。

そしてそのクリスマスイブの夜、エスターメンバーの嘉山いずみ、嘉山美智子の姉妹と川田里美の3名が
ミニスカサンタの衣装で登場。ライバルグループの「ミルキーウェイ・エンジェル」メンバーや
音楽プロデューサーの青田健太、それに所属事務所社長で遠山マスターの元カノの大野京子達が
次々に「ハンブルパイ」に集ってきた。

アイドルグループ「エスター」の知られざる真の解散理由とは一体何なのか?!


今年もやって参りました!
毎度おなじみ劇団神保町界隈のハートフルコメディの新作、
第6回公演「スター誕生 クリスマスイブの夜」
今年も中野の「テアトルBONBON」で10月31日〜11月4日の全8公演。

歌ありダンスあり笑いあり涙あり美少女ありの音楽劇。
ホーリーピークならではの大忙し舞台に 乞うご期待!